スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院へ~


週末、経過観察のため病院へ。

脚の方は、先生が驚くほどの回復っぷり。
ひとまず大きなヤマは越したということで、特に治療はなく
継続して観察ということに。

それよりも、薬をやめて半年以上、ずっと調子の良い状態が続いていた持病の方、
便の状態とアルブミン ( ALB ) ( 血清に含まれているたんぱくの主成分のひとつ ) の
数値が健康状態をみるひとつのバロメーターとなっているんだけど、
先日の検査では基準値2.6~のところ2.3g/dl と基準値以下で
しかも前回より0.1下がってしまっていた 



原因として考えられるのは、怪我で処方されたプレビコックスという薬。
消炎鎮痛剤、 関節炎等の疼痛緩和として一般的に用いられる薬なんだけど
飲み始めて1週間位経ったころからお腹がPPに 
下痢の処方薬もいっしょに飲んでみたものの、一向に止まらず酷くなる一方で
他に心当たりはなく、どうもこれが怪しいんじゃないかと詳細を調べてみると・・・ 


 副作用:

(1)副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けること。
(2)本剤はシクロオキシゲナーゼを阻害する非ステロイド性消炎鎮痛剤であるので
   腎臓及び胃腸に対する毒性を示すことがある。
(3)本剤はシクロオキシゲナーゼを阻害する非ステロイド性消炎鎮痛剤であるので
  身体恒常性を維持するのに必要なプロスタグランジンの合成を阻害する
  可能性がある。この抗プロスタグランジン作用により、消化性潰瘍、肝疾患、
  腎疾患、心機能不全あるいは高血圧症等の潜在的基礎疾患が悪化する
  ことがある。
(4)本剤の投与後嘔吐、食欲不振、下痢あるいは嗜眠等がみられることがある。
  このような場合は速やかに投薬を中止し、適切な処置を行うこと。



はっきりしたことは言えないけど、消化器疾患持ちとしては疑いたくなる。
適切な処方だったかということを問うつもりはさらさらないんだけど、
MIさんに対しては二度と使わない薬ということで決定!

怪我から二週間くらい経って脚の方が落ち着いてきていたのと、
その頃下痢の状態があまりに酷く、ALBの数値も過去最低に
なってしまっていたことでプレビコックスは止めてステロイドを再開したら
一発で治まった 。。。 フゥ (´Д`) =3  マジデ ケッコウ タイヘンダッタ ノヨ  


すでにこっちも止める段階になってきていて、あと一息かなというところ。
今回数値が下がったのは多分ステロイドの量を減らしたからだと思われ。

次回は3週間後。
基準値に達していますよう 






スポンサーサイト

快腸なう


連休のキャンプの投稿では元気一杯の様に見えるMI様。

でも実は前日からお腹の調子が下降気味 

様子をみていたら、どんどん酷くなってきて、
しまいには  に 血が 
だんだん元気も無くなってきたように見えて、帰りは病院へ直行 

注射  ブスッ を打たれて、3日分の薬を貰い
あとは少し大人しくして、様子を見て下さいとの事。

突発的なものか、従来からの慢性疾患(今は薬を止めている)から
来るものなのか、とりあえず3日分の薬を飲みきってから、
判断することに。

その晩はご飯を抜いて、翌日の給餌は量を加減て朝晩2回。
排泄(大)は1度も無し。
どうやら止まってくれた様子。

その次の朝には かなり状態の良い   で、その後も平常を保っている。
ってか、元気も快復して寧ろパワーアップすらしたかのような (笑)
経過報告に病院に行ったら、もう薬はやめても良いでしょうとのこと。
やった\(^o^)/
まだ油断は出来ないけど、一時的なものだったのかな?
でもすぐに治まってくれて本当に良かった。


実は今回は、もうこれは只事ではない! と、かなり焦って
正直、もしかしたら、もうこのまま・・・・なんて
悪い妄想が頭をよぎったりしてしまった。
そんな状況でして、ご心配をおかけしました皆様、
お気遣い有難うございました m(__)m 




順番待ち中


フィラリアの薬を貰いに病院へやってきた!
涼しくなってきたから、外で待機中。







 先生はやく呼びに来ないかな~



ゲー ハー


禿は禿でも脱毛の方じゃないよ!

散歩の時にちょっと歩様がおかしくて、元気もない様子 
???
と思ったら案の定。



熊さんが河童ハゲになっていたよ。








痛そ 



お久し振りダニ~


ふと見たら、顔にゴマ粒大のダニーさん3匹・・・orz


一先ず退治はしたものの、散歩コースの雑草は最盛期だし

キャンプに行く予定もあるからと、病院でノミダニの予防薬を

処方してもう。



 

 
 首につけてモラッタ ヨ


ちょっと膀胱炎の気もあり、そちらも併せて診てもらった。


抗生剤は速攻効いたし、虫除けもこれで万全・・・ カナ?




 



そんな心配をよそに、今日も草むらに突入ー   





DOGドック2012


5歳になってから、誕生日を目安に年に1度のドッグドックを
受けているのだけど、早いもので今年ももうそんな時期。


去年の検査では、血液の数値に異常が見つかり、その後の精密検査で
リンパ腫が発覚。
ステロイドの投薬治療を続けていて現在に至る。


当日は朝ごはんを抜いて、午前中に病院へ。
半日お預かりとなるので夕方再び病院へ迎えに行く。

まずは先生から結果の報告。

去年、数値が低すぎて病気発見のきっかけとなったALB(アルブミン)、
今回は2.8g/dLで低めだけれども正常範囲内。
もうずっと正常値を保っているので、症状は抑えられていて、
今のところ寛解状態と思って良いらしい 

ただステロイドを服用していると、どうしてもその影響でALP(アルカリ
ホスファターゼ)が高くなってしまって、前回(半年位前)計った時には
3500 U/L と検査できる範囲の最高値。
実際にはそれ以上あると思われたものが、今回は 451U/L。 
これは前回の検査の後、ステロイドの量と投薬回数を減らしたことによる
結果なんだけど、ちなみに参考基準値が 16~187U/L なので、
まだまだ高いことがわかる。
現在はもう症状の方は全く無くて健康状態が安定しているので
この後更に減らして2、3ヶ月様子を見て、最終的には切る方向で
行きましょうということになった 

ヘルニアをやった頸の方も今現在、特に問題は無いとのこと (ノ゚▽゚)ノ♪

その他数値、所見も問題なし ヤッタ ヽ( ´▽)ノ


この1年は病気や怪我に見舞われて病院通いが続き、本当に一時は
どうなることかと心配したこともあったけど、何だかんだ乗り越えてきて、
今はまた元気ハツラツ オロナミンc! な状態でいてくれて良かった。

今のこの状態を維持して、次のドックの時には更に良くなっているといいね



いい子にしてたんだよー





そんなお年頃


先週、膀胱炎と診断され薬を処方してもらったんだけど、
経過観察のため、1週間後にまた来るようにと言われ、土曜日に再び来院。

経過は良好。
雑菌が減って、PHの値も安定してきているので、あと少し薬(抗生物質)を
飲めば良いでしょうということで、まずは一安心。


にしても、この1年病気だ怪我だと何度病院に足を運んだことか。

来月には7歳になるMIさん。
人間でいえば50歳前後、すっかり中高年の域だもんね。
人間だって成人病が気になってくる年代。

とは言え、しばらくは落ち着いた状態が続いてくれるといいな。



診察前に練習に立寄ったグランドにて。







お友達のベリー君(11歳)と。
中高年同士、すっかり茶飲み友の雰囲気 (⌒-⌒)_旦"" ホワ



プロフィール

MI☆LA ちょぼbitch

ロットワイラー

2005.11.8生 ♀

JKC G.T.CH
 CDX BH OB2 合格

OB3合格目指して頑張ってます。
もちろん食う寝る遊ぶ もね!!





書きこ人 : ミ母


いくつになったの
リンク
QRコード
QR
Flashリバーシ
ナンプレ
検索フォーム
calendar
ブログ ランキング
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のエントリ
Tip Comment
  • 04/27:ミ母

  • 04/24:きーす

  • 02/28:ミ母

  • 02/28:ミ母

  • 02/28:ミ母

  • 02/27:まる子

  • 02/27:まる子

カテゴリ
月別アーカイブ
C-PREVIEW
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。